日本にはむかしから、スズメバチを食べる習慣があります。

特に、岐阜県や長野県などの山間部などでは頻繁に食べられてきました。

蜂の子はとても栄養価が高いといわれていて、タンパク質などの栄養源として重宝されてきました。

今回はその蜂の子の食べ方や味について調べてみました。

スズメバチ 幼虫 食べる 食べ方 味

スズメバチの幼虫を食べる習慣

日本には古くから昆虫を食べる習慣があります。

代表的な昆虫食であるイナゴは江戸時代から多くの食用記録があります。

一方、スズメバチの幼虫は記録が残っていないので正確な時期はわかりませんが、かなり昔から食べられていて、中部地方を中心とする伝統的な郷土料理として今でも食べられています

スズメバチ食は現代の日本では全国的に衰退してきていますが、最高級の郷土食として評価が高まっている地域もあります。

蜂の子の食べ方

食用として扱われている蜂の子は幼虫とさなぎのみです。

地域によって調理法は様々ありますが、甘露煮や佃煮にして食べる地域が多いようです。

ほかには、炊き込みご飯も有名です。

また、現代ではバターと醤油で炒めたバター醤油炒めや、にんにく炒め、素揚げなど様々な調理法で食べられているようです。

ちなみにクックパッドでもたくさんの調理法が紹介されていました。

スポンサードリンク

蜂の子の味は?

気になる蜂の子の味ですが、意外と味は淡白で、幼虫やさなぎはほんのり甘く、クリーミーで白子のような感じです。

また、成虫は唐揚げで食べられることが多くバリバリ、サクサクとした食感でまるでエビのような感じがるすようです。

また、幼虫やさなぎの成長度合いによってはクセのあるものがあるようで、成虫に近い真っ白なさなぎはナッツのような風味で食べやすいのですが、内蔵が黒く透けて見えているものはクセがあります。

この黒い内蔵は、鮎やサンマの内蔵のような感じなので、人によってはそのクセのある味が美味しいと思う人もいるかもしれませんね。

まとめ

日本伝統の昆虫食である蜂の子は、栄養価も高く特に山岳地域で重宝されてきて、今でも郷土料理として食べられています。

食べ方は甘露煮や佃煮が多いようですが、地域によっては生で食べるところもあるようです。

ただ、生で食べるのは蜂の子がどんな病原菌や雑菌をもているかわからないので、あまりおすすめはできないです。

味についても、好きな人と苦手な人がはっきり分かれるようなので、一度試してみるのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク