夏頃になるとスズメバチの行動が活発になってきます。

行動が活発になるということは、攻撃性が高まり刺されてしまう危険性も上がります。

そのために、スズメバチを寄せ付けてしまう原因と、寄せ付けない方法を調べてみました。

スズメバチ 寄せ付けない 方法

蜂に刺される原因

蜂は刺激さえしなければ刺されることはほとんどありません。

大声を出したり、手で払ったりすると、蜂に敵だと思われてしまい蜂の攻撃本能を刺激してしまい刺されることになります。

また、蜂は自分たちの巣を守る!という防衛本能がとても強く、攻撃してくる敵に対して特殊なフェロモンをまき散らして仲間を呼び、大勢で攻撃をします。

山登りなどの途中にうっかり気付かず蜂の巣を刺激してしまい、蜂に襲われてしまうこともあります。

蜂の種類によっては攻撃性が非常に高いものもいて、巣に近づいただけでも攻撃されてしまうことがあります。

もし、蜂に遭遇した時の対処法

例えば、運転中の車や、家の窓から蜂が入ってきてしまったら、驚いて追い出そうと手で払ったりしてしまうと思います。

そうすると、蜂は攻撃されたと思い襲いかかってくるのです。

こういった場合は、こちらから何もしなければ刺されることはないので、車は安全な場所に停車させ蜂が自然に出て行くのを待ちましょう。

家の中に入った場合は、室内を暗くして窓や玄関など蜂の出入り口を開放して出て行くのを待ちます。

家の近くで蜂を見かけたら、巣も近くにある可能性があるので、注意が必要です。

自治体などに相談して早めに駆除するとよいでしょう。

また、山などの野外で蜂を見つけた時は、そっと静かに姿勢を低くして蜂から離れましょう

蜂の視界は意外と狭く、自分の真下の地面近くの物は見えていないので、出来るだけ低い姿勢を保ちましょう。

スポンサードリンク

スズメバチを寄せ付けない方法

蜂が好むのは、人があまり近づかない薄暗い場所です。

なので、屋根裏や壁の隙間などに巣を作ります。

人の気配を嫌う傾向にあるので、巣を作らせないようにこまめに点検することが大事です。

また、蜂は基本的に濃い色に対して興奮するので、山など蜂の出現率の高い場所に行くときには薄い色の服を身につけるようにしましょう。

特に、黒や赤、青にスズメバチは反応して寄ってくるのでなるべく身につけないことをおすすめします。

他に蜂を刺激する物としては、ヒラヒラした服や、香りの強い香水・整髪料などがあります。

フローラル系の香りを蜂が好むので寄ってきやすくなります。

また、ジュースを手に持っていても蜂が近寄って来る可能性が高くなります。

まとめ

スズメバチは巣を守るために人を襲います。

なので、こちらから手を出さなければ襲われる危険性はあまりありません。

ただ、巣があることに気づかず、刺激してしまったりすることがあるので十分注意が必要です。

また、色や匂いにも敏感に反応して寄ってきてしまうので、山など蜂のいそうな場所に出掛ける際は、服の色や整髪料などに気をつけて準備しないといけませんね。

スポンサードリンク