スズメバチは、たいていの人には狂暴で怖いものでしかないですが、地域によってはスズメバチの成虫を食べる人もいるようなんです。

食用にするために、スズメバチの成虫を捕まえている人もいるようです。

ミツバチなら何となくわかりますが、スズメバチとなるとちょっとびっくりしますよね。

そこで、スズメバチを食べることと食べ方などを調べました。

スズメバチ 成虫 食べる 食べ方

スズメバチの成虫を食べる!?その食べ方は?

もともと世界では、スズメバチを食べる習慣があったようです。

スズメバチを食べるのはクマだけではなかったんですね。

アジアでもスズメバチを食べる習慣がありました。

当然スズメバチは、人間は自分たちを食べる天敵と思っています。

スズメバチは黒い色を見ると攻撃的になると言われますよね。

それは、アジアには黒い髪をした人種が多いからだそうです。

そのために、自分たちを食べるかもしれない「黒い」色に対して攻撃的になると言われています。

さて、日本でもスズメバチを食べられている地域があります。

それは、長野県や岐阜県、愛知県の山岳地域、宮崎県は高千穂の地域でよく食べられていたようです。

今でも変わらずに食べている地域もあるようです。

ここで気づくのは、スズメバチを食べている地域を見ると山が多いことです。

このあたりの地域は、海がありません。

そのために、タンパク質を摂るための栄養源として、昔からスズメバチを好んで食べていたようです。

スズメバチには、たんぱく質やカルシウム、さらに鉄分などもたくさん含まれていることが知られています。

スズメバチの食べ方は、だいたいは焼酎などに漬けておいて飲むそうです。

料理するときは、から揚げなどにするとサクサクとした食感で、香ばしく美味しいようです。

他には佃煮にすることもあります。

ちなみにスズメバチの毒は、油であげたりするともろくなり、加熱することで毒がなくなるようです。

また、料理前にスズメバチの針を抜いて調理することもあるようです。

スポンサードリンク

まとめ

スズメバチが昔から食べられていることで、人間を天敵として見ているのがわかる気がします。

試しにスズメバチを食べてみようかと思う人もいるかもしれませんが、スズメバチの毒にアレルギー反応を持つ人もいると言います。

安易に口にするのは、ちょっと危険かもしれませんよね。

スポンサードリンク