ブーンと大きな音が近くですると、ハッとしますよね。

大きい蜂が近くにいることがわかります。

スズメバチの中には、サイズが大きい蜂もたくさんいます。

どんな色をしてどんな顔をしているかなどは、とても見る余裕がありませんよね。

ひょっとしたら女王蜂の可能性もあります。

そこで、スズメバチの女王蜂の体長やサイズについて調べました。

スズメバチ 女王蜂 体長 サイズ

スズメバチの女王蜂の体長はどれぐらい?サイズは?

スズメバチの女王蜂は、だいたいが働き蜂よりも体が大きいです。

スズメバチの中で最も大型サイズなのが、オオスズメバチです。

オオスズメバチは、働き蜂も大きいですが、通常女王蜂は4cmほどもあります。

ときには5cmぐらいのサイズの女王蜂もいます。

スズメバチ類の中では、オオスズメバチが世界最大と言われているようです。

羽音も大きいのですぐわかります。

オオスズメバチは秋になって餌となる虫がだんだん少なくなると、集団でカマキリなども襲うようです。

カマキリもかなり大きいものがいますが、そんな大型の昆虫を食べることもできるんですね。

 

オオスズメバチの次に大きいのがヒメスズメバチです。

女王蜂の体長は、2.4cmから3.7cmにもなります。

ヒメスズメバチの働き蜂は、女王蜂との体の大きさにあまり差がありません。

そのために、女王蜂との区別がつきにくいようです。

 

オオガタスズメバチの中型サイズが、コガタスズメバチです。

女王蜂は2.5cmから3cmほどの大きさになります。

オオスズメバチに見た目がよく似ていて、オオスズメバチと同じぐらいの大きさのコガタスズメバチもいます。

コガタスズメバチとキイロスズメバチは、都会などにも適応しやすい特徴があるようです。

 

そのキイロスズメバチは、小型サイズの蜂が多いようですね。

女王蜂は、だいたい2.5cmから2.8cmほどです。

体はそれほど大きくはありませんが、巣の規模はとても大きいのが特徴です。

スポンサードリンク

まとめ

この中で一番名前を聞くのが、オオスズメバチやキイロスズメバチですよね。

キイロスズメバチは都会でもよく見られるので、その名前が知られているようです。

どの女王蜂もあまり刺すような行動は見られないようですが、その大きさで十分人間には恐怖で威嚇になりますよね。

スポンサードリンク