鳥や昆虫などの飛ぶ生き物は、羽音周波数というのを持っているようです。

1秒間に何回はばたいているか、というもののようです。

スズメバチの羽音はよくブーンと聞こえますが、それは飛んでいるだけではなく意味がありそうですね。

そこで、スズメバチの羽音と周波数について調べました。

スズメバチ 羽音 威嚇 周波数

スズメバチは羽音で威嚇の周波数を出している!?

蚊が近くに飛んでくると、プーンとした羽音でわかるときがありますよね。

あれが羽音周波数のようです。

ところが、昆虫などには聞こえても、人間の耳には聞こえない羽音周波数もあるようです。

スズメバチの羽音も、大きい音でブーンと聞こえるのですぐわかります。

スズメバチの場合はただ単に羽音を立てて飛んでいるだけではなく、威嚇の音でもあるようです。

とくにスズメバチの巣がすっかり出来上がり、偵察隊になる蜂や入り口で見張っている蜂が、人が巣の近くに寄ってくるとブーンと音を出しますよね。

あれが威嚇の音のようです。

普段の羽音よりもかなり激しい羽音を立てているようです。

激しい羽音が聞こえたら、巣に近づいているか、近くにスズメバチの餌場がある可能性があります。

山の中でチェーンソーを使って木を切っていると、スズメバチが寄ってくることがあるようです。

それは、チェーンソーで木を切っているときの周波数が、スズメバチの羽音周波数に何らかの関係があるのでは?と考えられるようです。

また、部屋の中にある火災探知機や煙探知機などに止まったスズメバチが、突然落下するようなことがあるようです。

これも、探知機から低い周波数が出ていて、スズメバチに影響があった可能性があるかもしれないとのことです。

どちらも、はっきりしたことはわからないようです。

蜂にはその種類によって、影響を起こす周波数が違うようです。

また、蜂が出す周波数を利用したスズメバチの駆除も行っているところがあるようです。

スポンサードリンク

まとめ

これだけいろんなことが便利になった世の中なのに、スズメバチの巣を住宅地に作らせない方法を開発はできないものなんでしょうか。

もし、スズメバチの嫌う周波数を開発できたら、住宅地にはスズメバチも現れなくなるかもしれませんよね。

スズメバチは命も奪いかねない危険な生き物でありながら、生態系も守ってくれています。

うまく共存できるといいですよね。

スポンサードリンク