スズメバチにはオスもメスもいますが、人間からするとオスかメスかよりも、狂暴性があるのはどっちなのかが重要ですよね。

そもそもスズメバチのオスは、メスの数よりも多いのでしょうか。

ここでは、スズメバチのメスの働き蜂とオスについて調べました。

スズメバチ オス 数 多い

スズメバチのオスはメスの数よりも多いの?少ないの?

スズメバチの巣の中には、多い所帯になると1000匹もいるようです。

すごい数ですよね。

その中でオスの数は1割程度しかいません。

メスがほとんどを占めています。

もともと秋ごろまでは、働き蜂がしか産まれてきません。

働き蜂はメスですから、秋の季節までに目にする働き蜂は、すべてメスになります。

オスは、巣が活発に発展してそのピークがそろそろ終わりを迎えるころに、ひょっこりと生まれはじめます。

このオスたちは、メスの働き蜂のように働いたりすることはありません

巣の中で何かするわけでもなく、ただじっと巣にいるだけの存在です。

餌は、働き蜂のメスに運んでもらって食べています。

オスは、メスの働き蜂のように働きたくても働くことができません。

それは、花の蜜などを集める口がオスにはないからです。

オスにとっての仕事は、次の女王蜂と交わることで子孫を残すことだけです。

オスは、新しい女王蜂との交わりのために産まれているだけのようです。

巣の中で天敵に襲われることもなく、のんびり暮らしているように思えますが、そうでもないようです。

オスは生まれてくるのは一匹だけではありません。

秋の終わりごろには、新しい女王蜂が外にでます。

その女王蜂を追いかけて交わりをする必要があります。

巣の中でのんびりしていたオスのスズメバチたちも、この時ばかりはのんびりしていられません。

女王蜂の後を追って、たどり着けるだけの体力を持ったオスのみが、女王蜂との交わりという目的を達成できます。

そのあと、子孫を残す使命を終えたオスは、静かに亡くなっていくようです。

スポンサードリンク

まとめ

スズメバチのメスは本当に働き蜂で過ごし、オスは子孫を残すために生きているんですね。

働き蜂も大変ですが、子孫を残すという使命をもつオスがいるからこそ、次の命につないでいくことができます。

どちらが縁の下の力持ちになるのか、ちょっと考えてしまいます。

スポンサードリンク