スズメバチは、明るい時に飛んでいる姿を見かけたり、日中は蜂の巣があれば見つけることもできます。

そうすると、スズメバチの方はどうなんでしょうか。

夜でも人間をちゃんと見えているのでしょうか。

そのあたりを調べました。

スズメバチ 夜 活動 見える

スズメバチは夜も活動しているの?

スズメバチは、基本的には昼間の明るい時間帯に活発に動き回っています。

夜になると、蜂の巣に戻ってきて活動はしないようなのですが、すべてのスズメバチが活動していないわけではないようです。

スズメバチの種類によっては、動きが多少鈍くなっている程度のスズメバチもいるようです。

また、モンスズメバチは、夜も動き回ることがわかっています。

夜ライトをつけていると、それに向かって飛んでくるようなんです。

スズメバチは、明るい光に向かっていくような習性があります。

もし、懐中電灯を照らしながら歩いている時に、スズメバチが現れたら、すぐにライトを消すか、懐中電灯から手を離しましょう。

スポンサードリンク

夜でも人間のことがちゃんと見えるの?

スズメバチは、夜でも人間のことが見えるというよりも、色や音などで判断しているようです。

スズメバチは、通常日中は、黒い色や暗い色などに反応します。

黒っぽい色の刺激を受けて攻撃的になったりします。

これは、周囲の色とのコントラストでちゃんと見分けているようなんです。

これが、夜になると周囲が暗い中で、白っぽい色の服を着ていれば認識できるようです。

当然襲ってくる可能性があります。

さらに、素早く手を動かしたりすると、素早く動くものに反応するため危険が増します。

夜だからといって安心はできないようです。

夜間にクワガタなどを捕まえに木々が生い茂る林などに行くと、樹液や花の蜜を目当てに大きなスズメバチを見ることもあるようなんです。

まとめ

スズメバチは、昼でも夜でも活動できるというところが怖いですね。

秋はまだ夜の気温が下がってないので、遅くまで洗濯物を干している人もいると思います。

家に取り込むときには、洗濯物に蜂がくっついていないか確認してから取り込んだ方が良さそうですよ。

もし、くっついていたら洗濯物をバサバサとはたけば、飛んで行ってくれるそうです。

スポンサードリンク