何気なく見上げた軒下や屋根裏に、蜂が飛んでいることに気づいて蜂の巣を発見することがあります。

それも巣を見るとスズメバチの巣。

とはいっても、どうしたらいいのかわかりません。

そのまま放置していると大きくなってきます。

スズメバチの巣を見つけたら早めに対処しましょう。

そこで、蜂の巣の駆除と駆除後に気を付けることを調べました。

スズメバチ 蜂の巣 放置 駆除 駆除後

蜂の巣の駆除と駆除後に気を付けることは?

スズメバチの巣の駆除を依頼するところはいろいろあります。

まず、市役所などの公共機関に相談しましょう。

もしくは専門業者に頼んで駆除してもらいます。

市役所などでは、毒性や攻撃性のあるスズメバチの駆除に対応してくれるところが多いです。

専門業者に連絡する前に市役所に相談してみましょう。

ただ、どちらに頼むにしても、住んでいる場所が自分の所有の敷地ではなく、他に家主さんや所有者さんがいる場合は、蜂の巣があることを話しておきましょう。

蜂の巣などは家主さんや所有者さんが対処してくれる場合もあります。

また、市役所でも専門業者でも、土地の所有者について聞かれる可能性があります。

家主さんや所有者さんの許可なく、市役所も業者も敷地に入れないなどの問題が発生する場合があるからです。

市役所では必ずしも対応してくれるわけではありませんが、駆除費用の一部を負担してくれる場合もあるようです。

また、どう対処するかなどを教えてくれることが多いです。

ただし、ミツバチやアシナガバチなどには、対応してくれないところが多いので注意してくださいね。

駆除後は、まだ数匹スズメバチが飛び回ります。

さらに、巣に帰る帰巣本能という習性があるために外に出ていた蜂が戻ってくる可能性もあります。

戻ってくるスズメバチは、巣がないことで攻撃性が高まっているので気をつけましょう。

駆除後にすぐ駆虫剤のスプレーをたくさん振りかけておけば、もうそこに巣を作ることはなさそうです。

スポンサードリンク

まとめ

蜂の巣を発見したものの、まったく蜂の飛んでいる姿を見かけないこともあります。

もし、中が空の蜂の巣ならば、そのまま放置していても構いません。

ただ、本当に中が空き家になっている状態かわからないので、何度か蜂の巣を観察してください。

定期的に見ていても蜂が飛んでいなければ、すでに中は空になっていると思っていいようです。

スポンサードリンク