秋はスズメバチに関するニュースをよく見ますが、冬の時期になるとほとんどスズメバチの話を聞きませんよね。

そもそもスズメバチは越冬できるのでしょうか。

冬の時期はどうやって過ごしているのでしょうか。

そこでスズメバチを含めた蜂の冬の時期について調べました。

スズメバチ 蜂の巣 種類 冬

スズメバチは冬どうしているの?冬の間に蜂の巣を駆除しても意味がない。

蜂は越冬をしますが、越冬の方法は蜂の種類によって様々なようです。

一般的によく耳にするミツバチは越冬します。

昆虫とは違い、蜂の巣の中心にみんなで体を寄せ合って越冬します。

お互いに体を温め合いながら冬を越すようです。

そして、スズメバチやアシナガバチも成虫のままで越冬をします。

ただし、アシナガバチやスズメバチで越冬できるのは、次の年の女王蜂だけです。

他の働き蜂などはすべて亡くなってしまいます。

次の女王蜂は、蜂の巣の中で越冬するわけではありません。

近くにある朽ちている木々や倒木などの中で越冬します。

なので、越冬の時期に入れば、蜂の巣にはもう蜂は一匹も残っていません。

女王蜂は、寒い冬の間、体の中に貯めておいた脂肪を栄養にして寒さを乗り越えます。

蜂の巣の駆除は、働き蜂もいなくなり女王蜂も越冬しているので、その間に駆除したいところですよね。

ところが、もし女王蜂がその場所を気に入っていると、いくら駆除しても暖かくなり活動の時期に入れば、その場所に新たに蜂の巣が作られるということなんです。

そのために、もし冬の間に蜂の巣を駆除してしまっても意味がなくなってしまいます。

もし、襲われないように安全な方法で蜂の巣を駆除するなら、蜂の巣を作り始めたころを狙うのがいいようです。

まだ蜂の巣もそれほど大きくなっていない時期なら駆除するのも楽です。

駆除したら、しっかり駆虫剤スプレーをたっぷりかけて、新たに巣をつくられないようにしましょう。

蜂の巣は女王蜂がいなければ作られません。

蜂の巣がなければ働き蜂も生まれないんですね。

スポンサードリンク

まとめ

スズメバチは、女王蜂だけが越冬するところに、女王蜂のすさまじい生命の強さを感じますよね。

働き蜂はせっせと働くだけ働いて、あとは全滅してしまうところもちょっと物悲しく感じます。

とにかく、冬が終わってもその場所に戻ってこないように、しっかり対応しておきましょう。

スポンサードリンク