何気なく家の周囲を見ていたら、スズメバチの巣を見つけてビックリすることがありますよね。

早く駆除しなきゃいけないと気持ちで焦ります。

この蜂の巣ですが、ネットでは売り買いされているようなんですね。

そんな売り買いされている蜂の巣はどんな材料で作られているのでしょうか。

また、どれぐらいの値段で売られているのか調べました。

スズメバチ 蜂の巣 材料 値段

スズメバチの蜂の巣の材料と値段は?

スズメバチの巣の材料になるものは、スズメバチの種類によって違います。

巣の構造も巣の大きさも、蜂の種類で多少の違いがあります。

だいたいのスズメバチは、枯れた木やもろくなっている木の表面を、かじって剥がして材料にしているようです。

中には、ダンボールなどをかじって使うスズメバチもいます。

その材料を唾液で柔らかくして、粘土状のようなペーストにして蜂の巣を作っていきます。

蜂の巣は、集成材のような作りのようですよ。

この蜂の巣は、実は、ネットなどのオークションで売り買いされることがあるようです。

もちろん形に崩れがなく壊されていないもので、中に幼虫などの亡骸がないものが取引されているようです。

この蜂の巣を購入して、店に飾るために購入する人もいるようなんです。

というのも、蜂の巣は縁起物として捉えられています。

蜂の巣には、一か所の出入り口に働き蜂が往来するところから、商売繁盛、子孫繁栄などの象徴として受け取られているようです。

さらに、金運もアップするというところから、縁起がいいと商売をする人には好まれるそうですよ。

もちろんそのまま飾るのではなく、しっかりしたガラスケースなどに入れて見えるように飾るようです。

また、蜂の巣の表面が崩れてこないように、ニスを塗ることもあるようですね。

他には、蜂の巣のより詳しい構造を知るために、研究に使うために購入する人もいるようです。

お値段はそれほど高額ではなく、1個だいたい数千円程度で取引されているようです。

スポンサードリンク

まとめ

まさかスズメバチの巣が売り買いされているなんて、ちょっとびっくりですよね。

縁起物になることを、知らない人も多いのではないでしょうか。

もし売れるとしても、スズメバチの巣を駆除した人は、早く捨ててしまいたいと思いますよね。

売ってみたいと思う人は、外見を崩さないように保存して、早めに売りに出してしまいましょう。

スポンサードリンク