スズメバチには、体の大きい蜂と小さい蜂がいます。

なんとなく大きい蜂の方が攻撃性に高そうで怖いですよね。

でも、小さい蜂は動きが素早くどこまでも追ってきそうで怖いです。

そこで、スズメバチの大きさや小さいスズメバチの種類と特徴を調べました。

スズメバチ 種類 大きさ 小さい 特徴

スズメバチの大きさや特徴と種類。

スズメバチは、日本だけではなく世界中にたくさんの種類のスズメバチがいます。

日本ではよく聞くスズメバチが、オオスズメバチ、キイロスズメバチ、ヒメスズメバチ、コガタスズメバチです。

 

このスズメバチの中で、特に大きいのがオオスズメバチです。

体長はだいたい4cmほどの大きさになります。

とにかく毒性が高いことでもその名が知られていますが、攻撃性も高くとても危険な蜂になります。

見分け方は、腰や背中のあたりが黄色の蜂です。

オオスズメバチの巣は、外見からは見えない場所に作るのが特徴です。

土の中であったり木の中の空洞にも作ったりします。

そのために、気づかずに近づいてしまう可能性が高いですよね。

 

そして、オオスズメバチの次に体が大きいのが、ヒメスズメバチです。

ただし、スズメバチの仲間の中では、一番大人しい性格のようで、蜂の巣を刺激しなければヒメスズメバチの方から攻撃することはほとんどないそうです。

ヒメスズメバチの巣は、スズメバチの仲間の巣の中では一番小さく、釣鐘型の形をしています。

巣を作る場所は、天井裏や物置などの閉鎖されている空間を好むようです。

 

そして、日本にいるスズメバチの中で一番小さい体つきなのがキイロスズメバチです。

全身の色が黄色の部分が多い蜂です。

さらに黄色は発色が強く、かなりはっきりと鮮明な色をしているのでわかりやすいようです。

性格は、気が荒く攻撃性も高いです。

巣の場所は、作り始めは床下や屋根裏に作りますが、群れが多くなってくると屋内ではなく屋外の開放的な空間に引っ越すために、新たに巣を作ります。

日本では、キイロスズメバチに刺されることが最も多いようです。

スポンサードリンク

まとめ

家の周囲でスズメバチを一匹でも見つけたら、その近くに巣がある可能性があります。

むやみに探し回ると、どこに巣があるかわからないので刺激してしまう可能性もあります。

十分に注意してください。

心配な場合は市役所などでどうすればいいのか相談してみましょう。

市役所では、蜂の巣がなくても対処法などを教えてくれるところもありますよ。

スポンサードリンク