スズメバチは、たった1匹の女王蜂と数多くの働き蜂がそれぞれの役割分担をこなして繁殖をさせて巣を守り続けています。

刺されてしまうと命をも落としてしまう可能性もあるスズメバチですが、スズメバチにとっては巣を守ることは繁殖を維持するための本能です。

人間もそれを理解しておく必要がありますね。

スズメバチ 働き蜂 羽化 時期

女王蜂の越冬から巣づくりまで

前年の秋に羽化して越冬した女王蜂は、春を迎えて4月以降に出現してきます。

種類によってその時期は異なるのですが、早いものではキイロスズメバチとクロススズメバチなら暖地では4月上旬頃、ヒメスズメバチなら5月下旬頃になります。

しかし、越冬したばかりの女王蜂はすぐに営巣活動は行いません

なぜならば、体力が落ちて弱っているからです。

そのためにまず行うのが2週間~4週間の間に樹液やアブラムシの甘露などを舐めて体力を回復させます。

強いイメージがある女王蜂も、このように体力作りをしてから本格的な営巣活動に入るのは何だか微笑ましくも思えますね。

その後に、周辺で適した場所を探して、いよいよ本格的に巣作りを開始するのです。

スポンサードリンク

働き蜂が羽化する時期まで

しかし、女王蜂は最初の段階の働き蜂が羽化するまでの期間はすべてを1匹で行わなくてはなりません。

卵を産み付けてから羽化するまでに1カ月程度かかります。

それまでは、幼虫のえさを集めたり巣の材料となるものを集めたりする時期です。

この段階は、一つの巣の存続の危機にもなってしまう時期ですので、女王蜂がもしも亡くなってしまえば廃巣になってしまう危険性が高まります。

ですから、女王蜂にとっては正念場とも言えますね。

しかし、働き蜂の羽化を終えると、女王蜂のこのような活動はだんだんと少なくなってきます。

働き蜂が羽化をする時期というのは6月~7月が中心ですので、女王蜂は産卵に専念するようになります。

それに代わって次々と誕生する働き蜂は、巣の材料を集めたり、新たにできた幼虫のえさ集めをしたり、外部からの警戒活動をしたりと多忙になります。

まとめ

スズメバチは、女王蜂と働き蜂がこのように分担作業を行える時期になるとかなり安定した時期に入っているといえますね。

しかし、それまでの女王蜂の単独での巣を守りぬく姿には、大きな力を感じずにはいられませんね。

危険極まりないというイメージが先行してしまうものの、人間もこのようなスズメバチの生態を理解しておけば、出来るだけ刺激を与えないように対処できるのではないでしょうか。

スポンサードリンク