スズメバチに刺されない為には、その生態を熟知することです。

その点について学びました。

スズメバチ 生態 活動時間 夜間 冬眠

生態や夜の活動時間や冬眠について

スズメバチは女王蜂を中心とした社会を築き、一族を育て守ろうとします。

働き蜂は幼虫の餌を探す為に飛び回り、巣を大きくする役割をこなしています。

家、家庭を守る為に夫婦で必死で働くのは人間だけではありません。

スズメバチも巣を守る為に敵を見つけたら警報フェロモンを噴射し

仲間を呼び敵を攻撃します。

スズメバチが攻撃するのは幼虫の餌になる昆虫や、巣に近づく敵です。

 

人間は巣がある事に気づきません。目の前を蜂にブンブン飛ばれると

怖いから手で払います。蜂は巣を壊されると感じ、人間を追い払おうとします。

しかし人間は蜂に対して怖いイメージがあるので手で払おうとしたり、

大声で騒ぎます。そうすると蜂も怒ってしまい警報フェロモンを

噴射して仲間を呼び、沢山の蜂に刺される羽目になってしまうのです。

この警報フェルモンには猛毒があり、目に入ったりすると

激痛が走ります。角膜を溶かす位の強い力があるのです。

刺されたり、目や口などに入ったら即刻病院に駆け込んで下さい。

 

蜂の活動期間ですが一番活動が活発になるのは初春から初冬までです。

初春に目覚めた新女王蜂と新雄蜂は巣から出て、結婚飛行に飛び立ち

交配します。交配に成功した新女王蜂は出産や育児に備えて朽ち木などを

探し出し冬眠に入ります。この冬眠の間の栄養は蜂自身が貯めた脂肪です。

 

蜂は朝から夕方まで活動し営巣に没頭しています。夜は巣に戻って

中の幼虫の世話をしているのでしょうか?あまり外には出ないようです。

街灯に群がる虫は多いのです。街灯の下にいるような蜂は巣から追い出された

蜂なのだそうです。

スポンサードリンク

まとめ

調べた結果、スズメバチの生態が解りました。

春先になってくると蜂も営巣に取り掛かります。

人もガーデニングにいそしむようになりますし

秋になると紅葉を見に山へ出かけます。

山には蜂の巣があるます。蜂を見たら知らん顔をして静かに

道を変える。通り過ぎる事ですね。むやみに蜂を刺激しないこと。

いざと言う時の為に毒を吸う商品を持っておくのもいいかもしれません。

スポンサードリンク