夏から秋にかけて、スズメバチは行動が活発になります。

この時期は攻撃性も増して、刺される危険性も高くなります。

そんな時、もし、スズメバチに刺されて放置してしまうと、腫れがひどくなったり、激しい痛みに襲われたりしますので、正しく対処したいです。

そこで、スズメバチに刺された時の症状や対処法について調べてみました。

スズメバチ 刺された 痛い 腫れ 放置

スズメバチに刺されてしまったら

もしも、スズメバチに刺されてしまった場合、速やかにその場所から離れることが大切です。

蜂の毒は警報フェロモンの働きを持っていて、仲間の蜂に敵がここにいるということを知らせる作用があります。

その場でとどまっていると、他の蜂が集まってきて更に刺される恐れがあるので、その場所から遠ざかり、まずは安全を確保しましょう。

この時注意するのは激しい動きで逃げないということです。

激しい動きは蜂を興奮させてしまうので、落ち着いて離れるようにしましょう。

スズメバチに刺された傷口の処置

安全な場所に避難できたら、次にすることは傷口を洗い流すことです。

蜂の毒は水に溶けやすいのでしっかり水で流しましょう。

この時、もし傷口に蜂の針が残っていたら抜くことが重要です。

蜂に刺されると激しくいたみますが、これは蜂の毒の成分の影響なので、しっかり流水で洗い流し、傷口の周りをつまんで血と共に毒を絞り出すと効果的です。

この時、毒を口で吸い出すと口の中に毒が入ってしまうので危険です。

その後、傷口に薬を塗ります。

また、患部を冷やすと痛みが和らぎます。

スポンサードリンク

応急処置をしたら早めに病院を受診する

患部を洗い、市販の薬を塗って患部を冷やすというのはあくまでも応急処置です。

これは、症状を悪化させないためや、痛みを軽減するために行うものなので、必ず早めに医療機関で専門家に診てもらいましょう

ただし、蜂の毒針が抜けない時や、アナフィラキシーショックの症状が現れた時は速やかに医療機関を受診しましょう。

特にアナフィラキシーショックは命に関わるような激しいアレルギー反応で、蜂に刺されて亡くなる原因になるので注意が必要です。

アナフィラキシーショックには自覚症状としては口内の異物感や腫れ、嚥下困難や両手足の痺れ、めまい、息切れ、動悸などがあります。

また、他覚症状として、肌の紅潮や腫れ、じんましん、身体の浮腫み、呼吸困難、肌が青紫色になるチアノーゼ、失禁などがあります。

蜂に刺された人に、呼吸困難やチアノーゼといったアナフィラキシーショックの症状が現れたときは、すぐに救急車を呼んでください。

まとめ

スズメバチに刺されると、激しい痛みに襲われ慌ててしまいがちですが、こんな時は特に落ち着いた行動が求められます。

蜂を刺激しないようにゆっくりとその場から離れ、応急処置をして速やかに病院を受診する必要があります。

また、命に関わるようなアナフィラキシーショックを起こした場合は急いで救急車を呼びましょう。

スポンサードリンク