スズメバチは樹液や花の蜜が大好物です。

ときには樹液に夢中になりすぎて真っ暗な夜でも一心に樹液を口にしているようです。

その大好物をファンタやカルピスで作って、スズメバチのトラップを作ることができるそうです。

その作り方を調べました。

スズメバチ トラップ ペットボトル カルピス ファンタ

ペットボトルのスズメバチトラップの作り方

材料は、2リットルのペットボトル・針金。

もしくはビニールひも(木にペットボトルをくくりつけるため)。

ペットボトルに切れ目をいれるカッターなど。

ペットボトルは蓋がついたままで使用します。

ペットボトルの上の部分に、英語のHの形で切れ目をいれます。

長さは縦も横も2センチにします。

Hの形の切込みは2カ所ほど開けます。

Hの上の部分は外側に軽く曲げます。

下の部分は、内側に軽く曲げます。

このHの部分からスズメバチが入ってきます。

Hの切込み部分は大きければ大きいほどスズメバチに逃げられる可能性があります

もう少し小さくするときには1.5センチぐらいがいいかもしれません。

次に、スズメバチを誘い出す甘い液を作ります。

材料は、カルピスのグレープ味のものを300ccにお酢60ccと焼酎90cc、さらに砂糖60gとウスターソースを少々。

これをよくかき混ぜます。

出来たら、ペットボトルに流し込みます。

これで出来上がりです。

また、ファンタで作る場合は、ファンタグレープで作ります。

また、CCレモン300ccと清酒300ccでもいいです。

重要なのは、発酵するような匂いにならないと効果がないことのようです。

ペットボトルは、木の下などにぶら下げておきます。

このトラップをぶら下げてから、だいたい1週間ほど経過しないとスズメバチは入ってくれないようです。

ただし、一匹でも入ると入ってきたスズメバチが呼び寄せるのか、スズメバチがどんどん入ってくるようですよ。

スポンサードリンク

まとめ

スズメバチは自分の身に危険を感じると、特別なフェロモンのようなものを出して、仲間を呼ぶと言います。

その習性を狙ったトラップですよね。

ただ、すべての蜂を駆除できるわけではありません。

かなりの数が集中して飛んで来たら危険です。

とても処理しきれる数でないときには、役所や専門業者に相談してくださいね。

スポンサードリンク