登山は、ハイキング気分でお子さんからご年配の方まで人気ですよね。

山の天気は変わりやすいと言われますから、備えも十分していく必要もあります。

それと同じぐらいに心配なのがスズメバチです。

登山は春や夏よりも秋の時期に多いのではないでしょうか。

そこで、知っておきたいのはスズメバチの活発な時期です。

ここでは、スズメバチが活発に活動する時期を中心に登山での注意点を調べました。

登山 スズメバチ 時期

スズメバチが活発な時期は?登山の注意点は?

スズメバチが活発に活動する時期は、9月から10月にかけてです。

スズメバチの女王蜂は、越冬を終えて目覚めて、春ぐらいに巣を作り始めます。

それが終わると産卵し働き蜂が産まれます。

その働き蜂が活発に活動する時期が、ちょうど秋になるわけです。

蜂の数ももっとも多い時期になります。

この時期に登山をする人が多いですよね。

登山には、長袖と長いズボンで行くのが基本だと思います。

ただ、歩いている間に暑くなったりして半袖になってしまうこともあると思いますが注意してください。

スズメバチは、こちらから気がつけばいいですが、知らずのうちにスズメバチの巣に刺激を与えることもあるかもしれません。

さらに、スズメバチは匂いに敏感です。

人の汗の匂いにも敏感に反応することがわかっています。

そのために、化粧品はなるべく匂いがないものにしましょう。

また、香水などは使わない方がいいようです。

香水の甘い香りはスズメバチの好む匂いに近いようです。

また、危険なのは蜂の巣の付近だけではありません。

蜂の餌場となっているような場所もかなり危険です。

スズメバチは、昆虫などを食べて過ごしますが、秋になると獲物になる生き物が減ってくるので、樹液や花の蜜や木の実などを餌にしたりします。

たとえば、コナラやクヌギなどの樹液を餌場にしていたり、花や木の実が豊富にある場所などを餌場にしています。

もし、スズメバチに出くわしたら、ゆっくり低い姿勢になりスズメバチの目線に入らないようにして、その場から離れましょう

スズメバチは、下を見るのが不得意なため、まっすぐか上の方にしか目がいかないようです。

スポンサードリンク

まとめ

登山に入る時には、虫よけスプレーだけではなく、蜂よけのスプレーなども持っていったほうがいいかもしれません。

また、スズメバチは、ジュースの甘い香りが好物です。

飲みかけのものを放置しておくと、そこに寄ってくる可能性があります。

十分注意して登山を楽しんでくださいね。

スポンサードリンク