スズメバチは冬眠するということをよく聞きますが、一年間どのようにすごし越冬するのか、またどのような場所で生息しているのか気になったので調べてみました。

スズメバチ 越冬 生息場所

越冬するスズメバチの一年間の様子

スズメバチの生活史は1年で、冬にはすべての働き蜂がその生涯を終え、新女王蜂のみが越冬することが出来ます

4月から5月頃にかけて、女王蜂が越冬から目を覚まします

この頃の女王蜂は空腹で弱っており、すぐに巣作りを始めることはせず、2~4週間かけて樹液や花の蜜、アブラムシの甘露などをなめて大量を回復します。

この頃の女王蜂には攻撃性はなく、蜂被害の少ない時期でもあります。

空腹を満たした女王蜂は営巣場所を求めてあちこち飛び回ります。営巣場所が決まると晴れた日を選んで1頭で巣作りを始めます。

最初の働き蜂が羽化するまでの4~5週間ほどの間新女王蜂は、単独で幼虫のエサ集めや巣材集め、子育てを行います。

この時期はコロニーの存続にとって最も厳しい期間であり、女王蜂の死亡により廃巣になってしまうこともよくあります。

6月から7月にかけて、働き蜂の羽化が本格的になりだし、数が数十頭を超えるようになると、分業期に入り女王蜂は産卵に専念するようになります。

産卵以外の巣材集めや幼虫のエサ集めは働き蜂が行うようになり急速に巣は大きくなっていきます。

8月以降はすもどんどん大きくなり、9月下旬頃までに繁殖期のピークを迎えます。この頃になると巣を守ろうとする防衛本能が高まり、巣に近づく物に対して強い攻撃性を示すようになります。

9月下旬から11月頃にかけては、雄蜂が羽化し、その1~2週間後には翌年の女王となる新女王蜂も誕生します。

雄蜂と新女王蜂の幼虫が育てられるようになると、新しく働き蜂が育てられることがなくなるので、エサも不足していき、その苛立ちなどから攻撃性が更に高まって来る時期でもあります。

羽化した雄蜂、新女王蜂はともに、7~15日ほどで性的にも成熟し、よく晴れた日の午前中を選んで巣を飛び出し再び巣に戻ることはありません。

雄蜂との交尾を終えた新女王蜂は、雑木林内の朽ち木や土の中など安全な場所で越冬します。

スポンサードリンク

スズメバチの生息場所

雄蜂と新女王蜂が飛び立つ頃には、巣の営巣活動も終わり、次第に活気を失っていきます。巣内の働き蜂も寿命を迎え巣は空の状態になります。

翌年越冬から目覚めた女王蜂は巣を再利用することはなく、新たな場所で巣作りをします。

基本的に好んで巣作りするのは、山間部や森林といった、エサとなる昆虫を確保しやすい場所が多いです。

近年は都市部でも巣を作るようになっているので注意が必要です。

まとめ

スズメバチは冬眠すると聞いていたのですごく長生きな生き物なのかと思っていましたが、女王蜂でも1年で生涯を終えるのだと知りました。

また、攻撃性が高まるのも時期があって夏頃がピークなようなので十分に注意してください。

スポンサードリンク