11月は秋も終わり冬に入る時期ですよね。

そんな11月に、集団で飛んでいるわけではないものの、庭やベランダに布団を干したり洗濯物を干していると、一匹や二匹程度のスズメバチを見ることがあります。

ときには、布団にとまったりすることもあります。

スズメバチは、冬になると行動が鈍くなると言います。

11月に飛んでいるスズメバチはどうしたのでしょう?

スズメバチ 庭 ベランダ 一匹 11月

11月に飛んでいるスズメバチはどうしたの?

11月の寒くなり始める時期に飛んでいるスズメバチは、ひょっとしたら越冬する場所を探している女王蜂かもしれません。

冬の時期が近づくと、女王蜂は巣から外に出ます。

巣から出た女王蜂は、オスとの交わりをすませて、自分が越冬できる場所を探し始めます。

その場所を探している場面を見たのかもしれません。

もしくは、メスとの交わりを終えたオスのスズメバチの可能性もあります。

冬になると、女王蜂が巣から出て行ってしまうために、仕事を終えた働き蜂は、暖かい場所を求めて集まります。

そしていずれ亡くなっていきます。

そのため、蜂が布団に止まっていたら働き蜂の可能性があるかもしれません。

洗濯物やお布団などは、陽当たりのいい場所に干しますよね。

働き蜂はその暖かさを求めてやってきたのかもしれません。

11月になれば朝夕の気温も下がってきます。

スズメバチは15度を下回ると、だんだん動くことができなくなってきます。

そのために、少しでも暖をとりたくて、暖かい場所に集まるそうです。

とはいっても、冬の時期はそう長くは生きていられません。

そのうちにいなくなる可能性があります。

もし、この時期にスズメバチを見たら、はたいたりせずに放っておきましょう

刺激をしなければスズメバチのほうから攻撃してくることは、まずないです。

ただし、布団を取り込むときには、布団叩きなどで蜂がついていなか確認してから、家に取り込んでくださいね。

スポンサードリンク

まとめ

冬になればたとえ蜂の巣があっても、中はからっぽになるので、そのうちに駆除したいところですよね。

でも、駆除しても春になったら、また近くに新たに巣を作られる可能性があります。

春が近くなったころには、軒下や一度巣を作られた場所に、駆虫剤をまいておいたほうがいいかもしませんね。

スポンサードリンク