基本的に野山で暮らすスズメバチですが、街中で見かけることも珍しくありませんね。

街中にいるのはキイロスズメバチが多く、適応力が高いことや餌を選ばないこと、天敵のオオスズメバチが街には少ないことなどが理由として挙げられます。

何でも食べるため、人間の食べ残しなどにも寄ってきます。

時には室内に侵入してきてしまう場合もあります。

蚊やゴキブリなどのように、スプレーや煙で撃退できるのでしょうか。

調べてみました。

スプレー 蚊取り線香 スズメバチ 効果

よくある虫よけスプレーではあまり効果はない

市販されている一般的な虫よけスプレーは、スズメバチ対策用として開発されたわけではありませんので、効果は今ひとつのようです。

また、蚊取り線香にはピレスロイドという成分が入っており、虫全般に効果があるものですが、効果をもたらしているのはどちらかといえば煙のようです。

スズメバチの巣口(巣の入り口)から煙を噴射できれば効果があるかもしれませんが、ただ野外で焚くだけではあまり効果はないようです。

使うなら、スズメバチ専用に作られた駆虫スプレーの方が良いでしょう。

スズメバチの嫌いなにおい?

厳密な研究によって明らかにされているわけではないようですが、スズメバチが木酢液を嫌うというデータがあります。

木酢液とは、木から炭を作るときに出てくる液体のことで、木が焦げるような苦い刺激臭がします。

この焦げるようなにおいに本能的な恐怖を感じるのか、たとえ攻撃体勢をとっているときでも、このにおいをかぐとスズメバチは嫌がって去ってしまうようです。

木酢液は、植木の防虫剤や消臭剤などに使用されることもあります。

周辺に撒いたり容器に入れて置いたり、霧吹きで吹きかけたりして使用すると良いでしょう。

スポンサードリンク

スズメバチへの対処法

スズメバチは驚異的な毒針をもっていますが、ハエなどの昆虫を食べてくれるという点では優れた益虫です。

また、意味もなく人を襲うことはありません

スズメバチの生態を理解して正しく対応すれば、無理に撃退せずとも共存していくことは可能です。

刺されずにすむ一番の方法は巣には近づかないことと、近づいてしまったらゆっくりと離れることです。

スズメバチが自分の近くに来たら、姿勢を低くして決して大きな身振りはしないこと。

室内に入ってきたら、気を引いてしまうような動作はせず、落ちついて窓を開けてやるなどすれば、やがて出て行きます。

まとめ

最近では、スズメバチ専用のスプレーもかなり開発されているようです。

誰でも使える優れものですが、巣の駆除をするときは、危険ですので専門の方の力を借りたほうが良いでしょう。

スポンサードリンク