攻撃性が高く凶暴なスズメバチに刺されることで亡くなる人もいるほどですので、出来るだけ対処を未然に行うのが賢明です。

そのために、スズメバチが巣をつくる前に人間は手を打っておくことがとても大事ですね。

営巣の時期を予め知っておくと、事前に巣をつくらせない対策が出来るとずいぶん役立ちます。

スズメバチ 営巣 時期

スズメバチの営巣の時期と場所

そもそもスズメバチの巣を作るのは、冬越しした女王蜂です。

土から出てくるのが概ね5月ですので、その時期は要注意しなければなりません。

しかし、スズメバチの種類によって巣作りをする場所は異なります。

一般的に多いのが家の軒下ですので、この場合は、人間が注意して着目しておくことは出来るようになりますね。

厄介なのが、天井裏や床下と言う場合やオオスズメバチなら、土の中にさえ巣を作ってしまう性質をもっているので、人間が気づかないうちに巨大化してしまっているということも珍しくありません。

営巣の初期には女王蜂の攻撃はほとんどない

そのためにも巣を作り始める5月に発見できるようにしておけば、簡単に取り除くことができるようになります。

この時期、女王蜂は攻撃してくるということはありません。

性質上、他の場所へ営巣することできるからです。

さらに、初夏から夏へ向かう時期は、巣の中の幼虫が成長して働き蜂の役目を担うようになります。

かなりの数になるだけではなく、巣に何らかの攻撃と感じられる危険性があれば、それを察知してすぐに攻撃をされてしまいます。

スズメバチに刺されることが多くなるのは圧倒的に8月~9月というのも、このようなスズメバチの巣の状態が変化することから起こるのです。

ですから、営巣の時期を知って適切な対処をおこなっておけば、その後のリスクを減らせるようになります。

スポンサードリンク

まとめ

スズメバチの女王蜂が営巣を始めている時期こそ、人間にとってはその後のリスクを減らせるチャンスの時期です。

ただし、5月を過ぎてしばらくすれば、人間が何か危害を加えるととっさに攻撃をされるようになってしまうので注意が必要です。

スポンサードリンク