スズメバチに刺されてからの対処方法について調べて見ました。

スズメバチ 毒 症状 対処 熱

症状

ハチに刺されるとまず痛みやかゆみを感じます。

そして刺された部分は腫れて来ます。

ハチ毒の特徴は症状が現れるのが早い事です。

手遅れにならないためには15分間が勝負なので、速やかな行動が鍵となります。

アレルギーが無い人の場合ですと数日程度で腫れは引いて行きます。

 

怖いのはアレルギーがある人の場合です。

刺されると痛み、かゆみの他に全身に蕁麻疹が出ます。

その他、嘔吐、浮腫、呼吸困難、血圧降下が起こり最悪命を落とします。

発熱があれば全身症状が出るかもしれませんので、速やかに

医者に診察してもらう事をお薦めします。

対処方法

スズメバチに刺されるのは山間が多いです。

パーティで行っている方は、仲間に素早く知らせて助けを呼びましょう。

毒を洗い流すのも仲間に手伝ってもらいましょう。

一人で行っている方も、近くに人がいれば助けを求めて

協力をするなりして下さい。人がいない時は、可能な限り人里まで

下りて助けを求めましょう。

 

アレルギ―を持っている人は、素早く針をカードなどで払い落し、

水で洗い流します。毒は水に溶けますので素早く絞り出す事です。

目に毒が入ってしまった場合は素早く流水で洗い

眼科で診察をしてもらって下さい。毒は角膜を溶かす力があります。

 

アレルギーをお持ちの方はエピペンをお持ちだと思います。

迅速にエピペンを打ちましょう。それだけでかなり助かる確率が増えます。

アレルギーが無い方は、水で洗い流した後は抗ヒスタミン剤やヒスタミン剤を塗っておきましょう。

 

良く刺された後に慌てるのか口で吸いだす人がいますが、これは危険です。

歯茎に蜂の針が刺さってしまう恐れがあります。必ず流水で洗い流して下さい。

スポンサードリンク

まとめ

以上のようにスズメバチに刺された時の対処方法を見て来ました。

最近ではハチによって亡くなる方が、残念ながら増えて来ています。

これは熊に襲われて亡くなる人の数より多いそうです。

 

一番怖いのは誰もいない山間部、周りに人がいない単独での

登山です。毒の吸引器具ポイズンリムーバーも必需品です。

多めの水も持っている必要もありますね。

ハチに出遭ってしまったら、落ち着いて静かに、その場を

離れる、スズメバチがカチカチと顎を鳴らしている間に

迅速にその場を離れて毒を噴射されたり、刺されないように

して下さい。単独登山は危険です。一人で山に入ることは

避けた方が賢明です。

スポンサードリンク